TOPカシミヤへのこだわりカシミヤとは

カシミヤは繊維の宝石です。

最高級の天然素材として世界中で広く今なお愛されているカシミヤ。
今から約1000年ほど前、インド北部のカシミール地方に生息した山羊のうぶ毛を使ったショールなどがシルクロードを経てヨーロッパに伝わりました。その地方の名にちなんで カシミヤという名が広まったといわれております。

本質を、本物を追求する
それがフカキの変わらぬ信念です。

ナノテクノロジーの進化は織物の歴史を変えつつあります。しかしそんな技術革新の中、未だに変えられない、工業化が不可能なものがあります。それは植物のアザミのトゲによる起毛。極めて微細で複雑なアングルに生えているアザミのトゲは、人工的に作り出したどのような金属のトゲにも及ばない仕上がりを生み出します。自然の作り出す神秘、それもフカキのカシミヤが持つ魅力のひとつなのです。

本質を、本物を追求する。それがフカキの変わらぬ信念です。
自社開発機器とシステムの導入

自社開発機器とシステムの導入

また生産ラインでは、自社開発機器とシステムの導入を積極的に進めています。原毛のミックス、解毛といった製品の品質の前提となる工程においても、独創的な機器とシステムにより、高い生産力と優れた品質、そしてフレキシビリティに富んだ生産体制を可能にしています。

毛織物をはじめとする多彩なニット製品、メリヤス糸、織糸など、フカキが手掛ける製品は幅広い分野にわたっています。そして一貫生産と厳格な品質管理の下に生み出された製品は、優れた物流システムによりお客様のもとに迅速にお届けしています。

厳しい品質管理と信頼性

厳しい品質管理と信頼性

FUKAKIでは最高級のカシミヤとされる中国・内モンゴル産の原毛を直接買いつけています。そして幾重にもわたる厳格な品質チェックを行ったうえで、独自の技術ノウハウを駆使して加工。FUKAKIは最高の素材と技術に支えられたカシミヤ製品だけを、お届けしています。

FUKAKI は1998年より、天然素材の品質向上を目的とした国際組織CCMI(Cashimere&Camel Hair Manufacturers Institute)への加盟を認められています。加盟メーカーは、世界でもわずか17社。国際的にも高く評価されている信頼感が、FUKAKIの「純正品質」を裏づけています。

カシミヤンウェアの新基準

FUKAKI は創業以来、すべての工程を私たちの手でプロデュースする一貫生産体制を貫き、生産・流通コストの徹底した合理化に努めています。
画期的な価格設定も、こうした企業努力のたまもの。FUKAKIだから実現できたこのプライスが、これからのカシミヤンウェアの新基準です。